Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
君の声が聞こえる(第8話)イ・ジョンソクDVD
君の声が聞こえる DVD1


DVD1(第1話〜第8話収録)

■第8話「誰のための人生なのか」
・ヘソンの母親の死亡のニュースが流れる。
その数週間後。解剖に時間がかかった母親の葬儀が行われている。
(・・・いつの間にか、ヘソンとチャ弁護士が彼氏・彼女関係に。)
スハからミンが最後に電話させたことを聞く。
母の遺言だったことを知って号泣するヘソン。

・ドヨンがミンと接見する。
 嘘を付くミンに「10年前に自分も殺人現場を目撃した」と言い放つドヨン。

・ミンの指名でチャ弁護士が弁護を担当することになる。
 ミンの弁護に悩むチャ。

・ミンは自殺を図る。
 遺言を読むチャ。「償いをしたかった」的な文章。
(ミンが酷い。)
 「自分の味方でないチャが自分(ミン)の無罪を主張したらヘソンが納得するはずだから」
 チャを指名したというミン。

・ミンの裁判が始まる。
 ドヨンは殺人罪を求める。
 ヘソンが見つめる中、チャは無罪を主張する。

・ドヨンの実家を訪ねるヘソン
 ミンを有罪にして欲しいと土下座するヘソン。
 証拠がないというドヨンに父が偽証を提案する。
 「10年前(の花火事件の時)もしただろう?」
 (知ってたんかい!とツッコミたくなります)
 
・裁判当日。ミンは有罪にして欲しいが、母の言葉を思い出し、悩むヘソン。
 
・裁判。
 ミンと同部屋だった男に偽証を頼み「殺すと言っていた」と証言してもらうも、
 チャの「緻密に計画する人間が誰かに言うはずがない」との追求に、
 「聞いていません」と発言を取り消さざるを得なくなる。

・スハは荷物をまとめている。
 ヘソンの家の電球、戸棚の扉を直し。
 出ていく。

・無料新聞の窃盗事件のお礼。で行きそびれた「水族館」に誘うスハ。
 −水族館−
 家を出たことを告げるスハ。
 ・母が10年前に証言したヘソンをうらまず、逆に誇りに思った事。
 ・チャ弁護士がヘソンを想っている事。
 ・ヘソンが彼を好きなことを分かっているから、苦しまずに早く彼を受け入れて欲しい。

何も言わず去ろうとするスハ。
だったが、「あんたが知らないことがもう一つだけある」
とヘソンに別れのキスをし去っていく。

■キャスト
イ・ボヨン、
ユン・サンヒョン、
イ・ジョンソク、
イ・ダヒ、

JUGEMテーマ:韓流・韓国ドラマ



posted by: kamocamo | 韓国ドラマ | 00:05 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:05 | - | - |-